気軽に報告ができる|環境を考えたISO14001のマニュアルをしっかり活用

連携において不足を感じるときは社内メール効率化を考えよう

気軽に報告ができる

メール

情報共有の手間を削減

情報共有の手段としてメールが用いられますが、確認する手間、送信する手間を考えると気軽に使用できないと感じる人もいるかもしれません。なお、最近では社内SNSツールが開発されており、簡単に従業員同士の連携が取れるので他の業務に専念する余裕も生まれます。社内メール効率化を考えたいという場合に取り入れたいサービスであるといえるでしょう。

複数人との連携が容易になる

専用ツールなら、グループを作ってコミュニケーションを図ることもできるため、まとめて複数人に情報を知らせたいときに便利です。単なるメールであるとグループを作るのに手間が掛かりますが、社内メール効率化に適したツールであればそのような不満を解消してくれる仕様になっています。手間だけでなく共有漏れを防ぐこともできるので、特に大規模な会社であれば重要なツールになってきます。

無料で利用ができるサービスもある

社内メール効率化を考えて新しいツールの導入を考えると思いますが、やはり気になるのは料金でしょう。なお、無料で利用ができるサービスもあるので、まずはそこから試してみて機能性をチェックしてみるのも大切です。なお、有料になれば利用ができるサービスの幅が広がるため、使い勝手の良さを感じたらグレードアップを考えるという選択もあります。機能に関してはツールによって異なるので入念な比較が必要です。